Cintoo Cloud

​シントー クラウド

点群/3Dモデルの共有・管理・解析クラウドサービス​

米国申請の特許技術により固定型地上レーザースキャナ点群をほぼ劣化なく高速アップロード。

ウェブブラウザ上で素早くモデリングデータと点群を統合、測定、問題報告、

差分・干渉チェック、現況確認、データ出力ができます。

主にプラント/工場/建設/土木/文化財でのメンテナンス、施工管理、計画でご利用頂いております。

​お見積り / 資料請求 / 体験版(30スキャン,30日間)のご要望はこちらから

 

ブラウザ上での表示

 

Cintoo Cloudでは点群のRGB、X線、高さ表示、点群から作成したサーフェイスデータ、BIM/CIMのモデリングデータを快適に表示できる機能を搭載しています。

X線や表示補完ツールを使用すると、ポイントクラウドを選択せずに壁、床、または天井を透視できます。

 

高速アップロード

固定型レーザスキャナの点群(E57/RCP/FLS/FLSP)、BIMモデル(IFC)をアップロードできます。

点群をアップロードする際に米国申請の特許技術でデータをほぼ劣化なく10分の1でアップロード、ダウンロード可能です。データが軽くなるため、現場のネットスピードによる共有遅延も少なくなります。

 

測定と注釈

 

任意の地点で測定や文章/PDF/写真/動画/ワード/エクセルを含んだ注釈を3D上で付けることができます。

測定・注釈をつけた部分は保存され、いつだれがどのような情報を与えたかを一覧で見たり3D上にアイコンで表示されます。測定・注釈はPDFやBCF(BIM問題追跡フォーム)で報告書として出力する事もできます。

参考画像.png
 

​差分/干渉チェック機能

 

点群(サーフェイス)とBIMモデル、点群と点群での差分表現が可能です。

例えばパイプラインのモデリングデータと現況のレーザスキャナをクラウドにアップロードして現場での確認したり、切土・盛土の現場においてタブレットで現場と事務所で相互に確認、打ち合わせが可能です。また、Revit等と連携をして問題部分の再設計や報告を素早くできるようになります。

 

アクセス管理

 

各アカウント毎にどこまで操作可能か管理することができます。

​また、データ納品や一般公開のために視聴のみのデータ追加や編集不可なURLを発行することもできます。

アクセス管理.JPG
 

スライス/クロップ

 

点群/サーフェイスの任意部分でのスライス/クロップ(切り出し)が可能です。

​クロップ地点は複数保存可能なため、例えば橋脚の土台毎にクロップして閲覧を行いやすくしたり差分表示の際に足場や土台をなくして差異をみやすくできます。

 

自動サーフェイス作成

 

CintooCloudは点群をアップロードする際に自動で点群をサーフェイス(面)に変換しています。

サーフェイスは精密に作成され、密度は点群に依存します。

 

エクスポート/ダウンロード

 

全スキャン、各スキャン毎、ワークゾーン、クロップ地点での点群出力(E57/RCP/RCS)ができます。

​また点群から作成したサーフェイスもOBJ/STL/FBX、解像度を20㎝~0.2cmで選んで出力ができます。

​またプロジェクトにアップロードされたBIMや動画、画像等も全てダウンロード可能です。

 

スマホ/タブレットのブラウザで視聴可能

 

CintooCloudは高速ストリーミングの技術を使い、スマートフォンやタブレット上でも快適に表示・操作・測定・注釈付けが可能です。そのため現場でのBIMモデル確認/現況チェックや出先での確認/打ち合わせを素早く行う事ができます。

動画は一般的なスマートフォン(OPPO RENO A)/通信環境で操作を行っています。

 

導入事例

 

大手自動車工場の施工/補修/管理 [フォード/BMW/テスラ/フィアットクライスラー等]

建設 / 測量 / 不動産管理 / プラント設計・管理 / 文化財・遺跡研究など

実例:イタリアの遺跡保存/研究ー文化遺産情報科学

 

バックグラウンド

2016年以来、Volterra-Detroit Foundationはイタリアのヴォルテッラで3Dレーザースキャン、空中および地上ベースの写真測量の専門家と協力して、街の考古学的な遺跡や工芸品を記録しています長期的な目的は、3Dツールと方法論を使用してヴォルッテラの完全なデジタルドキュメントを作成し、デジタルで保存し、考古学と建築の両方の研究方法や効率を改善する事です。

Cintooは、プロジェクトの主要な技術関係者の1人であるCase Technologiesにアプローチし、地上レーザースキャンから生成される巨大な点群を処理するための革新的な新しいアプローチを試みました。

Cintoo Cloudは、クラウドにアップロードする前に、高精度の地上レーザースキャンを3D表面メッシュに変換する独自の技術を提供します。メッシュは、データの精度を低下させたり、単純化したりすることなく、ポイントクラウドデータのファイルサイズを20〜30倍削減します。また、ユニークな点は、Cintoo Cloudがメッシュデータを元の点群ソースファイルと同じ精度で再変換してCADソフトウェアに直接送ることができます。

使用されるワークフロー

  •  Cintoo Cloud

  •  Autodesk ReCap

  •  BIMモデルを構築するAutodesk Revit

  •  ReCapは、スキャンからポイントの重複と不要なオブジェクトを削除します

  •  また、点群はAutodesk Revitソフトウェアにリンクされ、詳細なビルディングインフォメーションモデル(BIM)の構築に使用されます。ビルディングインフォメーションモデルは、研究を支援するための正確な文書化や、資産および保守管理アプリケーションに使用できます。

  •  また、すべてのデータが集約され、Autodesk Map3DおよびInfraworksソフトウェアのGISデータと統合されて、都市の総合的な統合デジタルリソースが生成されます。

 

結果

  • Volterraプロジェクトのデータは膨大であり、現在プロジェクトに関与している参加者の数が日々増えています。Cintoo Cloudは、さまざまなプロバイダーから定期的に送られる非常に大きなポイントクラウドデータをすべて管理するソリューションを提供しています。

  • Cintoo Cloudを使用すると、ヴォルテッラのスキャンデータがユーザーグループ間で共有、共同作業、および配布可能になります。すべての関係者は、自分のラップトップを介して任意の場所から3Dプロジェクトにアクセスできます。

  • Cintoo Cloudは、チームメンバーの招待、権限、割り当て、注釈、カレンダー、通知などのツールの完全なセットをユーザーに提供します。

  • Cintoo Cloudは、さまざまな組織、国、および職業のプロジェクトに取り組んでいる、地理的に分散した多様なチームを可能にします。プロジェクトマネージャーは、ユーザーのプロファイルに基づいてさまざまなレベルの権限をユーザーに提供し、プラットフォームのコア機能へのアクセスを制御できます。

  • プロジェクトの共同作業者の数が増えると、既存のユーザーは、新しいチームメンバーをプロジェクトに招待するか、誰かにリンクを送信することでアクセスを共有します(必要に応じてパスワード保護と有効期限付き)。共有招待を受け取った人は、3Dモードでリアリティデータを表示し、独自の測定を行うことができます。

  • Cintoo Cloudは、特殊なハードウェアやソフトウェアを必要とせずに、世界中の誰とでもVolterraの考古学的な宝物を簡単に共有する方法を提供します。

  • Cintoo CloudのスキャンとBIMモデルの比較ツール。Volterraレーザースキャンデータは、建築現場の詳細なBIMモデルの作成にも使用されています。Cintoo CloudはBIMモデルのアップロードを可能にするため、現在の建築状況を比較して、工事過程・進捗状況などの継続的なタイムラインを提供します。BIMモデルをデータにオーバーレイすることにより、元のBIMモデルと現在の建築状況の差を分析し、差分も計算できます。これは、損傷の影響を測定し、劣化した構造を元の状態に復元または再構築するのに役立ちます。

  • 建物の特定部分の作業ゾーンを作成、切り取り、AutoCADまたはRevit for Scan-to-BIMで直接使用できる「Autodesk RCS形式」にエクスポートできます。これは、各作業においてすべてのデータを取り込んでから任意の場所で切り取り作業をおこなうという手間がなくなり、業務効率やPCのスペックによりダウンロードする者が選択可能となります。

 

ユーザーからのコメント

Volterra-Detroit Foundation 、Case Technologies 取締役会、サービスディレクター  Mark Dietrick,

一つのプロジェクトに対して、世界中のテクノロジーパートナーや共同研究者が参加する、画期的な研究成果になりました。プロジェクトの範囲が拡大し続けるにつれて、データをチームと効率的に共有し、この重要な作業を一般の人々と共有するプラットフォームを見つけるのに苦労しました。Cintooはこの問題を簡単に解決することができました。

Volterraプロジェクトの詳細 Volterra Detroit Webサイト:http : //research.volterra-detroit.org

* 下記画像・名前をクリックする事でFirefox/GoogleChorome/Microsft Egeブラウザから3Dデータ見ることができます。

 

 

 

 

           ローマ劇場                     ポルタ・アル・アルコ

 

ポルタ アル アルコ.png
ローマ劇場.png
 

機能一覧/仕様

​青文字は2020年内に実装予定の機能

 

仕様

  • 対応機器:Windows・Mac・Android・iPhoneなど

  • ​対応ブラウザ:Mozilla Firefox・Google Chorome・Microsoft Ege

  • 対応VR:Oculus Rift, Oculus Rift S, HTC Vive Pro

アップロード

  • Structured点群:RCP, e57, FLS, LSPROJ

  • BIMモデル:IFC, STEP

  • 注釈付け:テキスト, 画像, 動画, URL, PDF, ローカルリンク

​ダウンロード

  • ​点群:E57 , RCP , RCS

  • ​点群から作成したサーフェイスモデル:OBJ, FBX, STL

  • その他アップロードしたデータはそのままダウンロード可能

基本​機能

  • ダッシュボード、ユーザーリスト、アクティビティ、カレンダー

  • 役割と権限を定義する/ユーザーのグループを管理する/プロジェクトを作成する/すべての操作履歴確認

  • CDNによる自動クラウドホスティングの選択、リージョンとプロバイダーの選択(AWSまたはMicrosoft Azure)、プライベートデータセンターの選択(要相談)

  • スキャンプロジェクトの管理 /地図とサムネイルリスト表示/バージョン管理

  • 2Dビュー:RGB、3D X線、3Dサーフェス、3D高さの6軸のいずれかから正投影モード

  • 3Dビュー:高解像度パノラマ画像/スキャン情/点群のRGB/X線/サーフェス/エレベーション

  • クロップ(切り取り)/スライス表示・保存

  • ワークゾーンとサブワークゾーンの作成スキャン

  • 測定/注釈の保存・シェア・プライベートノート・クイックスクリーンショット(ワンタッチEメール送信)

  • 測定/注釈の報告書出力(問題点レポート PDF/BCF)

  • スマートフォン/タブレットビューワモード

  • 3Dデータ視聴のみ可能なURLを発行-期間制限/機能制限/パスワード/会社ロゴの追加/QRコードの発行

  • VRストリーミング

  • レーザスキャナのタイムラインを使用しての連続再生

​可視分析機能

  • 点群(サーフェイス)とBIM、点群(サーフェイス)と点群(サーフェイス)の差分、干渉、ヒートマップ表示

  • 視覚的差異ツールと視覚的チェックツールを使用して比較する

  • スキャンとBIMの位置調整

  • 問題追跡/BCF形式による問題点のエクスポート/BIMトラックとの相互運用性

BIM 360の相互運用性

  • RIM、NWD、NWC、3D DWG、IFC、2D DWGをBIM 360からCintoo Cloudに送信

  • Revitモデルに適用する変換を選択(共有座標または原点から原点へ)

  • Cintoo CloudからBIM 360に問題を送信する

ウェブサービス

  • 写真を使用して統合的なテクスチャモデル出力(100スキャンまで/0.5 mmから密度を選択可/OBJ、FBX、STL形式)

  • 床の平坦度と水平度のレポート (ASTM e1155スタンダードに従ってレポートを生成する)

  • 任意の領域の水平または垂直性を分析および定量化する機能 /プロファイルを分析して勾配を測定する機能

ビジオテックス株式会社

本社住所 〒329-0111

栃木県下都賀郡野木町568-14

TEL:0280-55-2185 FAX:0280-55-2184

販売委託・代理店契約等も承っております。お気軽にお問合せ下さい。

日本総輸入代理店

© 2020 by Viziotex Inc.